ポジティヴォ・ブルット

¥ 1,200

透明感のあるクリスタル色。香りは熟したシトラスフルーツにタンジェリン、ライム、オレンジのニュアンス。味わいは、口当たり柔らかく、実にフレッシュ。余韻には心地良さが続く。

 

〈使用ブドウ品種の特徴〉

マリア・ゴメス: バイラーダ、テージョ、リスボンの主要品種ではあるが、アリントと同様にポルトガルで広く栽培されている。糖度が比較的低く、醸造過程でアルコール度数が低く保たれる。ほど良く酸味があり、シトラス、特にライムやレモン、タンジェリン、オレンジの香りが特徴。ハーブのノートも。南アフリカやオーストラリアでも栽培されている。

ビカル:主にバイラーダ、ベイラ・インテリオール、ダォン地域で栽培される。収穫時期が早い品種。ピーチ、アプリコットの香りが特徴で、トロピカルフルーツの香りも。