Logo

Bodegas Ontañon

ボデガス・オンタニョン

品質分類・原産地呼称:D.O.Ca. リオハ
ワイナリ-公式HP: http://www.ontanon.es


スペインワインの名産地リオハで造られる、エレガントで芸術品のようなワイン

ボデガス・オンタニョンはワインの名産地であるリオハはログローニョにあります。
25年以上前からワインの生産を始め、1999年にはログローニョにボデガ兼美術館を設立し、ワイン醸造、貯蔵のみならず、リオハ出身のアーティストによる絵画や彫刻を展示しています。その理由は、オンタニョンの哲学にあり、ワイン、そしてワイン文化を、アートとしてとらえているからです。

Bodegas 2
Bodegas 3

 

山の斜面にあるオンタニョンの畑は、最も高い標高で770m、最も低い畑で350m、合計250ヘクタールもの畑を所有しています。
その土地は、リオハ3地区の中のリオハ・バハに位置しており、リオハの中心地から東に伸びています。リオハ・バハの気候は、地中海よりエブロ川を通ってくる地中海性気候の影響を受けており、他2地区、リオハ・アルタとリオハ・アラベサよりも気温は高めです。土壌は赤褐色で鉄分を含んだ粘土質で、このような環境下、糖度の高く、ミネラルを含んだ高品質なブドウが育ちます。

La Pasada Vinyard
La Montesa Vineyard

 

収穫から製造の工程に入るまでに、すべてのブドウが十分熟しているか、色、酸味、ph指数などもれなく検査します。
その後、4500もの新しいフレンチオークまたはアメリカンオークの樽で熟成されます。この過程によりワインはより安定し、豊かな香りや色調、より複雑味があり上品で熟成されたとても完成度の高いワインを造ります。

オンタニョンの特徴の一つが、長期熟成型ワインの販売リリース時期です。まず、レセルバ、またはグラン・レセルバワインに関しては、ブドウ栽培が最も良かった年のみの生産となります。2000年に入ってからの10年間は、2001年、2004年、2005年、2010年が
最良のとしでした。現行ヴィンテージは2005年で、リリースは2015年です。それまでの10年間は、ボデガで大事に大事に熟成され、飲み頃の時期に市場に送り出されます。勿論2010年のレセルバ、グラン・レセルバは今現在しっかりとボデガで眠っております。

 


Bodegas 4

 



Bodegas 5

[/col]

[/row]


ぶどう品種

テンプラニーリョ100%


ビンテージ

2014


種類

赤ワイン


容量

750ml


希望小売価格

¥1,600


テンプラニーリョ85%、グラシアーノ15%


2005


赤ワイン


750ml


¥5,600


テンプラニーリョ95%、グラシアーノ5%


2005


赤ワイン


750ml


¥3,700


テンプラニーリョ90%、ガルナッチャ10%


2011


赤ワイン


750ml


¥2,300


テンプラニーリョ


2010


赤ワイン


750ml


¥2,600


テンプラニーリョ


2012


赤ワイン


750ml


¥2,200


ビュウラ85%、テンプラニーリョ15%


2014


ロゼ


750ml


¥2,000

ボデガス・オンタニョン
Bodegas Ontañon